ゲーム レビュー・おすすめ

バイオハザードヴィレッジをプレイした感想・レビュー!恐怖とゲーム性を両立させた優秀なサバイバルアクション

2021年5月8日にバイオハザードシリーズ8作目となるバイオハザードヴィレッジが発売されました。

元々知名度のあるバイオハザードシリーズですが、ゲーム・映画とメディア展開を進めさらに期待する人が増えてきました。

 

ですが「バイオハザード7 レジデント イービル」ってあまりにも怖すぎてプレイするのを断念してしまった人や諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。

私も一人でプレイしたときは、ホラー要素が強すぎて序盤でプレイを断念してしまいました。

てつくん
その後、ちよちゃんを隣においてプレイしたらクリアできました
隣で見てたけど怖すぎて自分でやるのは無理かも
ちよちゃん

 

そんなホラーゲームとして原点回帰の路線をたどるバイオハザードシリーズですが、

本作「バイオハザードヴィレッジ」は、7の良さであるホラー(恐怖)要素を活かしつつもプレイを断念しないようにマイルドに、そしてアクションゲームとしての面白さの方向性を伸ばしている作品に感じられました。

バイオハザードヴィレッジのおすすめポイント

  • リソース管理の楽しいサバイバルアクション
  • ギミックを解き明かす探索要素が楽しい
  • 7のホラー要素もしっかり継承
  • アクションとホラーのバランスが良い

 

サバイバルアクションとホラーゲームの両立を目指した作品で、7が怖すぎたという人でも楽しめるゲーム性になっています。

しかし、7のホラー要素もしっかりと残っているので安心してくださいね。

 

今回は、バイオハザードヴィレッジをプレイした感想とレビューをまとめていきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • バイオハザードヴィレッジの評判・レビューが知りたい

バイオハザードヴィレッジってどんなゲーム

ジャンルサバイバルホラー
開発元カプコン
発売日2021年5月8日(土)
機種PlayStation 4
PlayStation 5
Xbox Series X/S
Xbox One
Microsoft Windows
プレイ人数1人

バイオハザード7 レジデント イービルより3年後を描く主人公イーサン・ウィンターズの完結編の物語となります。

7と同じく一人称視点(FPS)のゲーム性で、イーサンが受ける衝撃や痛み恐怖をプレイヤーも感じられるアイソレートビューが採用されています。

イーサンの目線から見た視界に画面が制限されてるため、視野が狭い故に恐怖を駆り立てます。

 

ゲーム性としては、サバイバルアクションとホラーを両立させた作品です。

バイオハザード7 レジデント イービルからの変更点としては

  • 敵を倒すとアイテムがドロップ
  • アイテムショップの追加
  • 銃火器の改造が可能
  • 所持品は大量のアイテムが一度に持てるように(バイオハザード4のケース形式)

などが挙げられます。

 

一言で言うならバイオハザード7のゲーム性にバイオハザード4の要素をプラスした作品になっています。

ストーリー

バイオハザード7の世界から3年後、イーサンとミアは娘のロースを授かり3人で平和の日々を取り戻していました。

しかし、そこにやってきたクリス・レッドフィールドの襲撃によって壊されてしまいます。

奪われた娘ローズを取り戻すために、イーサンは再び戦地へと赴くというお話です。

 

バイオハザード7の続編という形になるので、バイオハザード7をプレイしておくと物語をより楽しめます。

戦闘システム

プレイヤーは、ダンジョン形式のフィールドを探索しながら奥を目指して進んでいきます。

途中には敵となるモンスターが徘徊しており、銃火器を用いて戦うか物陰に隠れて進み回避するかを選びます。

スニークキル・銃でひるませてから殴るなどの要素はなく、「銃で打つ」「爆弾で倒す」「ナイフで切る」など一般的なシューティング形式の戦闘方法が採用されています。

 

前作「バイオハザード7 レジデント イービル」では、敵は回避が基本、重要なところで使うという感じでしたが、

本作では敵を倒すとアイテムをドロップするので戦う意味も生まれました。

 

強敵を倒すと、大量のお金になる換金アイテムを手に入れることができます。

しかし、残弾の管理は本作も充分とは言えません。

敵に見合った銃を利用して、リソース管理をしながら戦うサバイバルアクションゲームとしての面白さは本作でも健在です。

探索要素

ゲーム性としてはバイオハザード7と同じです。

定められたマップを徘徊して奥へと進んでいきます。

 

道中には閉じられた扉やギミックを解かないと進めない、手に入らないアイテムが存在しています。

アクションゲームのようにただ敵を倒して進む、というだけでなく謎解きをしながらフィールドの探索範囲を広げていくのがバイオハザードの魅力です。

 

前作では、解いていない謎・取っていないアイテムがマップ上で分かりませんでしたが、

作ではアイテムなどが残っていない場合、マップに赤色で表示されるようになりました。

バイオハザード1、2を3Dにしたゲーム性とも言えます。

トレーラー

評価点・面白かったところ

それでは実際にバイオハザードヴィレッジをプレイして面白かったところをご紹介させていただきます。

評価点

  • 先の気になるストーリー
  • 残弾管理の楽しいサバイバルアクション
  • 徐々に探索範囲を広げる探索要素が面白い
  • アクションとホラーのバランスが良い

先の気になるストーリー

本作は

  • なぜクリス・レッドフィールドがイーサンたちを襲撃したのか
  • ローズが連れ去られたのはなぜなのか

という疑問に満ちたところから話が始まります。

物語が進むにつれてその謎が徐々に明らかになってくるストーリー展開が面白かったです。

 

物語もテンポ良く進みゲームをプレイするのに阻害とならないバランスです。

短い時間で必要な情報を伝え、プレイヤーを物語に引き釣り込む演出と手法も見事だと感じました。

残弾管理の楽しいサバイバルアクション

戦闘要素としては、銃で敵を狙い打つ

ただそれだけのよくあるシューティング形式のゲームです。

ですが、そのシューティングアクションがとっても面白いのがバイオハザードの魅力です。

 

その要因としては手に入る弾の数が少なく、リソース管理を迫られる点にあります。

「敵を銃で倒す」という動作の中にも

  • なんの武器で倒すか
  • 急所に当てて少ない弾数で敵を倒す
  • 攻撃に当たらないように回避・ガードする

という選択肢が、ただ銃器で敵を倒すだけではない戦略性を生み出しています。

 

アクションゲームは敵を倒す爽快感のある気持ち良さをウリにしているのに対して

本作では、泥臭く立ち回り最善手で敵を倒す詰将棋のような面白さです。

まさにサバイバルアクションというジャンルに相応しい面白さを作り出しており、バイオハザード特有の面白さと言えます。

徐々に探索範囲を広げる探索要素が面白い

本作でも謎解きの楽しさは健在です。

初期の段階では、探索するエリアに鍵がかかっていたり、ギミックでいけないエリアがあったりなど行動範囲が制限されています。

 

しかし物語を進めるごとにギミックを解くカギなどが手に入り探索範囲を広げていくことができます。

手に張った鍵で、行けなかったエリアを探索することで強力な武器や高額な換金アイテムが手に入ったりと探索要素の面白いゲーム性となっています。

アクションとホラーのバランスが良い

前作バイオハザード7は怖すぎました。

ホラーゲームとしては大成功、世間の話題をさらったこともあり商業的には大成功と言えます。

 

しかしプレイする人の大半は怖すぎて辞めてしまったのではないでしょうか。

 

そんな問題をカプコンとしても認識しており、本作では「サバイバルアクションのゲーム性」と「ホラーゲームとして恐怖」を両立させる作品へと昇華させています。

敵を倒してアイテムドロップ、ショップの追加、財宝の探索などバイオハザード4のようなRPG要素も追加されており、

ゲーム性に深みを持たせ単なるホラーゲームから脱却しアクションゲームとしての面白さが全面に押し出されるようになりました。

 

かと言ってホラーゲームとしての怖さが無くなったと言われるとそうではありません。

局地的に緊張感のあるフィールドを生み出し、その恐怖のレベルはバイオハザード7に引けを取らないレベルだと感じました。

 

これによりバイオハザードヴィレッジはサバイバルアクション + ホラーゲームを丁度良いバランスで融合させるのに成功しており、

アクションゲームを楽しみたい人、ホラーゲームを楽しみたい人どちらも楽しめる仕様となっています。

問題点・悪かったところ

続いてバイオハザードヴィレッジの問題点について触れていきたいと思います。

ホラー・恐怖体験が怖いところも

前文でホラー要素が薄くなったとは説明させていただきましたが、それでもバイオハザード7と遜色ない恐怖体験を生み出しているステージも存在しています。

一人称視点で描かれるホラーはまるで自分が体験しているかの恐怖を駆り立てられるので非常に強いストレスを感じました。

前作よりはマイルドにはなっているものの、一部のステージについてはかなりホラー要素が強めであることは覚悟しておきましょう。

SNSの評判・口コミ

みなさん面白すぎと大変好評のようですね。

アクション + ホラーを丁度良い感じで味わえるという評価が多いようです。

 

このアクションとホラーゲームのバランスというのは本当に難しいと思います。

プレイヤーの大多数が納得できる作りになっているバイオハザードヴィレッジは本当にすごいゲームだと改めて実感しました。

総評・まとめ

ボリューム1週20時間
ストーリー
ゲームシステム
ホラー要素
おすすめ度

 

バイオハザードヴィレッジは、バイオハザード7 レジデント イービルからゲーム性をより盛り込んだ正当進化版です。

バイオハザード7では好評でもあり問題点でもあったホラー要素をマイルドにし、一般向けな調整が行われています。

バイオハザードヴィレッジのおすすめポイント

  • リソース管理の楽しいサバイバルアクション
  • ギミックを解き明かす探索要素が楽しい
  • 7のホラー要素もしっかり継承
  • アクションとホラーのバランスが良い

 

バイオハザード7が怖すぎてできなったという人でも、サバイバルアクションとしてのゲーム要素が強めに調整されているので安心してプレイできるようになっています。

私的にはバイオハザードシリーズ最高傑作と思えるほどの作品だと思いましたので、是非みなさんもプレイしてみてくださいね。

 

▼一般バージョンはこちら▼

▼グロテスクバージョンはこちら▼

 

前作をプレイしていなければ、7も忘れずプレイしておくのがおすすめです。

ただしホラー要素がかなり強いので気を付けてください。

  • この記事を書いた人

てつくん

青春時代を捨ててゲームに人生を捧げてきたRPGが大好きなゲーマー。 そんな私にもゲームを通じた出会いがあり2020年に結婚。失った青春を取り戻しつつ今でもゲームも楽しんでいます。 カップル・夫婦が仲良く過ごせるための情報を発信していきます。

-ゲーム, レビュー・おすすめ

© 2021 オタ夫婦の日常 Powered by AFFINGER5